借地権・底地権の相談

▮借地権・底地権に関するご相談は当センターへ。

当センターでは、長らく利用してきた借地についてのご相談を数多くお受けしてきております。先代から承継してきたケースや、実家の敷地が借地権で相続することになったが利用予定がない等、借地の処分をどう進めたらよいかという以下のようなご相談が多くみられます。通常の不動産売買と違い、商慣習や法律にもとづき専門性が必要なことと合わせて、地主様と借地人様との関係性も重要です。当センターでは、経験豊富な不動産コンサルタントと弁護士等の法律の専門家等が連携して借地問題解決のサポートを行っております。

よくある質問

(借地人側からのよくあるご相談)

 

☒利用しなくなった借地付建物をどのようにしたらよいのですか。

☒土地を返還するにあたり、地主様から建物を解体して更地にして返還するように言われた。

☒土地を変化するにあたり、地主様へ借地権を有償で引き取ってもらうことは可能であるか。

☒「借地権付き建物」として、第三者へ売却ができるのであれば検討したい。

☒地主様へ売却(譲渡)の承諾をお願いしたところ、売却を承諾してくれない場合はどうしたらよいか。

☒親が亡くなりました。親が住んでいた借地権付き建物の契約関係はどうなるのでしょうか。

☒親が亡くなりました。親が所有していた借地権は、相続税の計算する際にどう計算されるか。

☒借地権の建物を第三者に賃貸したいが、地主様に何か承諾は必要か。承諾料はとられますか。

☒新たに建て替えを検討してます。地主様の承諾と承諾料はどれくらいかかるももですか。

 

(地主様側からのよくある質問)

☒更新の時期なのだが、借地人が更新料の支払いに応じない。

☒先代から受け継いできたが、口約束で貸してそのままである。

☒地代を引き上げたいのだがどのように話せばよいものか。

☒借地人が借地権を売買したいと言ってきているのですが。

☒譲渡承諾をするにあたり、承諾料(名義変更料)他はいくらに。

☒譲渡の承諾を拒否することはできますか。

☒借地人から解約(返還)にあたり、借地権対価を要求されている。

☒借地人と土地の等価交換や第三者に同時売却を検討したい。

☒貸している土地(借地)を私の代で整理しておきたい。

▶▶借地権と底地権の関係性

借地の関係性

借地権は、建物の所有を目的とすると「土地の賃貸借」です。地主様から土地を借りて、その土地上に建物を建てていいですよとうい権利です。土地の所有者(地主様)が、100%所有権の土地を建物を建てる目的で土地を借りたい人(借地人)に貸す契約(土地賃貸借契約=借地契約)をしている状態で、借りている人(借地人)の権利を「借地権」、貸している人(地主様)の権利を「底地権」といいます。