不動産のこと|売却・活用

相続した不動産の売却

相続した実家の建物や土地。既に自宅を所有していたり、不動産が遠隔地にあったりして、今後利用も活用をする予定もない場合、維持管理や固定資産税等がかかることを考えると売却してしまうのも一つの方法だ。ただし、売却するにあたっては、相続人で遺産分割協議を纏めて、不動産の名義変更「相続登記」をする必要があります。また、不動産を売却するときにも税金がかかること、その他に諸経費(土地の測量費、建物解体費、滅失登記費、不動産仲介手数料等)がかかる場合がありますので、事前にどういった手続き、費用、税金がかかるかを把握しておく必要があります。

相続不動産の売却は、不動産会社に相談しても「売る」ことに関してのアドバイスはあっても、「売る前にすること」「売る為の遺産分割のこと」「名義の変更(相続登記)のこと」「売った時の税金のこと」といった関連することについては知らない営業マンは意外に多い。当センターでは、生前からの準備、いざ相続した時の手続きから、売却活動、売買契約、引き渡し、税申告まで、ワンストップでサポート致します。

2.生前にできる不動産対策

生前の気力のあるうちに出来る不動産対策としては、相続税を下げることを目的とする「節税対策」をよく耳にします。しかしながら、資産背景やご家族状況によって必要な対策は違います。