生前にできる準備・対策

1.揉めないためにやるべきこととは?

揉めない相続を実現するために今からできる準備には、「争族(遺産分割)対策」「節税(相続税を減らす)対策」「納税(資金の確保)対策」にプラス「認知症(万一のときに備えた)対策」の4つです。

生前対策 相続対策

(1)争族(遺産分割)対策とは

いざ、相続が開始したときに、遺された家族が適切に財産を分けられるようにしておくことです。「遺言書の作成」「財産を分けやすい状態にしておくこと」「貰って困る不動産(老朽アパート、地方不動産等々)の整理」などが考えられます。

(2)節税(相続税を減らす)対策とは

相続税かかると想定される場合、生前にできる対策により相続税額を減らす方策です。「生前贈与」「不動産の活用」「生命保険の活用」「養子縁組(相続人を増やす)」などが考えられます。

(3)納税(資金の確保)対策とは

相続税がかかる場合、相続開始後10か月以内に「現金一括」納付が原則です。財産の大半が不動産という方は、注意です。「不動産の棚卸し(現状把握)」「不動産の売却」「生命保険の活用」が考えられます。

(4)認知症(万一のときに備えた)対策

生前であっても、認知症が発症したら、上記のような準備、対策が出来なくなります。本人が意思表示が出来なくなる前にできる準備です。「見守り契約」「委任契約」「任意後見契約」「公正証書遺言」「死後事務委任契約」などがあります。また、相続人の中に認知症等で意思表示が出来ない方がいる場合にも、検討が必要です。

2.相続対策するには、我が家の「現状把握」から

相続対策と言っても、ご家族の状況、資産の状況により必要な対策はそれぞれ違ってきます。相続税がかからないから、対策が必要ないということもありません。まずは、ご家族の状況、相続人の状況、資産の状況、ご本人の健康状態、想い等を整理していくことで、わが家にとって必要な準備・対策が見えてきます。当センターの無料相談では、以下の手順に沿ってお悩みを聞きながら「▶相続対策案検討シート(※PDFをプリントアウトして活用ください)を一緒に作成し方向性を整理ていきます。

現状把握 相続対策
対策手順①
手順②

3.【手順1~3】相続対策検討案シートの作成

4.【手順4】現状診断分析・想いの整理

作成した「相続対策検討シート」を元に、我が家の課題・問題点を確認していきます。

 

☑ 相続人の確認   (法定相続人を確認し、相続分・遺留分・認知症の人がいるか等を確認)

☑ 財産構成の確認  (不動産が多い→分割対策・現金額少ない→納税対策 不動産の評価)

☑ 遺言書作成の必要性(自身の想いや、遺された家族が円満に相続できるよう検討)

☑ 相続税の可否判定 (相続税の可否、納税額の目安、控除・特例の利用可否等を確認)

☑ 節税対策の検討  (相続税評価を下げる不動産対策、生前贈与、生命保険活用の検討) 

5.【手順5】生前にできる対策の検討・実施

【手順1~4】の現状分析の結果、我が家に必要な対策を実施していきます。

まずは、当センターの無料相談で、我が家の「現状把握」から始めましょう。