「不動産売却」のこと

不動産相談 不動産相談 横浜

どうする相続不動産のこと。

相続する予定の不動産、相続した不動産をどのようにしたらよいか。相続で遺される(予定の)不動産は十人十色です。相続対象の不動産を事前に現状把握をし、問題点を整理し生前にできることは対策準備を進めておくことをおススメします。

 

以下は、当センターの士業、不動産コンサルタントが対応したご相談の一例です。まずは、当センターの無料相談でお悩みごとを整理して、方向性をご確認ください。

ご相談事例

【相続予定、相続した実家不動産の処分】

①施設に入所する為、自宅の処分を考えている。

②親が認知症になったが、自宅売却は可能なのか。

③実家に誰も住む予定がなく空き家で管理が大変。

④生前の売却と、相続後の売却どちら得か?

⑤売却した場合、どれくらい税金がかかるものか。

⑥実家は地方にあるが、対応してもらえるか。

⑦揉めている、揉めそうな事案がある。

【遊休地、地方の不動産の売却】

①数十年前に購入した土地そのままである。

②別荘用地として購入した土地がある。

③リゾートマンションがあるが、使っていない。

④駐車場があるが、今後どうするか思案している。

⑤隣地とトラブルになっている土地がある。

⑥もらっても困る不動産は、整理しておきたい。

⑦首都圏に住んでいるが、不動産は地方にある。

【アパート等の賃貸不動産の売却】

①現在、老朽化が進み修繕費がかかる。

②空室が多いが、売却は可能であるか。

③管理が大変、管理会社を変えたい。

④子供に分割することを考えて整理したい。

⑤地方の不動産で、なかなか管理ができない。

⑥売却か、建て替えた方がいいか思案している。

⑦不動産を売却しマンション等に組み替えたい。

【借地・底地の取りまとめ】

①自宅の土地が借地権だが、相続の対象なのか。

②借地権が更新時期であるが、更新料が負担です。

③借地権を地主様へ返還したいけれどどうしたら。

④借地権を地主様に買い取ってもらえなものか。

⑤第三者に借地権を売却したいが、どうしたら?

⑥地主様が、借地権の譲渡に応じてくれない。

⑦地主として、底地を買い取ってもらえないか。

不動産対策 不動産相談

 【相続不動産の手続き、売却時の税金等は以下確認ください】