「不動産売却」のこと

不動産相談 不動産相談 横浜

どうする相続不動産のこと。

相続する予定の不動産、相続した不動産をどのようにしたらよいか。相続で遺される(予定の)不動産は十人十色です。相続対象の不動産を事前に現状把握をし、問題点を整理し生前にできることは対策準備を進めておくことをおススメします。

 

以下は、当センターの士業、不動産コンサルタントが対応したご相談の一例です。まずは、当センターの無料相談でお悩みごとを整理して、方向性をご確認ください。

不動産相談事例720

【相続予定、相続した実家不動産の処分】

①施設に入所する為、自宅の処分を考えている。

②親が認知症になったが、自宅売却は可能なのか。

③実家に誰も住む予定がなく空き家で管理が大変。

④生前の売却と、相続後の売却どちら得か?

⑤売却した場合、どれくらい税金がかかるものか。

⑥実家は地方にあるが、対応してもらえるか。

⑦揉めている、揉めそうな事案がある。

【遊休地、地方の不動産の売却】

①数十年前に購入した土地そのままである。

②別荘用地として購入した土地がある。

③リゾートマンションがあるが、使っていない。

④駐車場があるが、今後どうするか思案している。

⑤隣地とトラブルになっている土地がある。

⑥もらっても困る不動産は、整理しておきたい。

⑦首都圏に住んでいるが、不動産は地方にある。

【アパート等の賃貸不動産の売却】

①現在、老朽化が進み修繕費がかかる。

②空室が多いが、売却は可能であるか。

③管理が大変、管理会社を変えたい。

④子供に分割することを考えて整理したい。

⑤地方の不動産で、なかなか管理ができない。

⑥売却か、建て替えた方がいいか思案している。

⑦不動産を売却しマンション等に組み替えたい。

【借地・底地の取りまとめ】

①自宅の土地が借地権だが、相続の対象なのか。

②借地権が更新時期であるが、更新料が負担です。

③借地権を地主様へ返還したいけれどどうしたら。

④借地権を地主様に買い取ってもらえなものか。

⑤第三者に借地権を売却したいが、どうしたら?

⑥地主様が、借地権の譲渡に応じてくれない。

⑦地主として、底地を買い取ってもらえないか。

▮相続不動産専門チームに依頼するメリット

相続不動産は、ただ市場で売却処分するだけではありません。相続開始してから、「必要書類収集」「財産の洗い出し(財産目録作成)」「財産の評価(相続税試算)」「時価評価(遺産分割の元になる価格)」をしたうえで【遺産分割協議】の話し合いを取りまとめて初めて不動産名義を相続人の誰かに移します。

 

そのうえで

 

▷ 相続不動産の売却にあたり、税金(譲渡所得税)は?

▷ 税金を軽減できる売り方があるか

▷ 実家にはたくさんの荷物が残っている

▷ 共有で相続不動産を売却の場合、名義は誰に?

▷ 路線価(相続税評価)で遺産分割していいの?

▷ 境界が見つからないのだけれども。

▷ 相続した不動産の敷地が借地である

 

 

など、通常の売買と違い、相続人がその不動産の事情をあまり把握していないケース、相続登記のこと、相続税のこと、遺産分割の対象となる価額(売値)、売却後の税金こと、遺品の整理処分、近隣との境界、地主さんとの話し合い(借地等の場合)など、あらゆる専門家の助言が必要なケースが多いのです。

 

当センターでは、相続不動産の売却専門でサポートをしています。あらゆるケースでも、必要な専門家がチームでサポートしますの安心に売却を進めることができます。まずは、お気軽にご相談ください。

 

 

相続相談・不動産相談お気軽にお問合せください。| 神奈川県(横浜・川崎・横須賀他)・東京23区中心